2015年5月

クレジットカード現金化はおいしくない

クレジットカード現金化はおいしくない

(公開: 2015年5月 6日 (水))

クレジットカード現金化とは、カードのショッピング枠を現金化する行為のことを言います。
クレジットカードには、商品の購入のために使用でき、後に支払いの義務が生じる「ショッピング枠」と、お金を借りることができる「キャッシング枠」があります。
普通このショッピング枠を利用して買い物をすると、消費者はカード会社に支払いをする義務があり、業者はカード会社から代金をもらう権利があります。
クレジットカード現金化とはこのショッピング枠を利用してある商品を購入し、業者からその購入代金の一定の割合で買い取ってもらい、現金を手にするシステムです。近年「クレジットカード現金化」をうたった広告がインターネットや雑誌等で見受けられるようになり、すぐ現金が手に入るという魅力や手軽さから、特に金銭的に苦労をしている消費者が手を伸ばすケースが増えています。
この仕組みは、法律上は明らかな違法とは言えない現状があり、限りなく黒に近いグレーといったところです。しかし、クレジットカードの会員規約上においては契約違反であり、カード利用が停止となる可能性もあります。日本クレジット協会も、この行為に対し強く反対する姿勢を見せています。
ショッピング枠を現金化すると言っても、カードを利用した代金をカード会社に支払う義務は残ったままです。そのため一時的に現金を手にできたとしても、結局は自分のいらないもの・価値のないものを購入したことで債務を増やす結果となり、利用した多くの消費者が支払い困難に陥る特徴を有しています。トラブルに巻き込まれるおそれもあり、決して魅力的とは言えません。

http://www.genkinka-cac.com/